限界耐力計算

読み げんかいたいりょくけいさん
解説 構造物全体&部材レベルで(破壊確率)<(許容破壊確率)を確認。建築物が存在期間中にきわめてまれに遭遇する可能性のある大規模な積雪や暴風雨を想定した設計方法である。許容応力度設計が小、中地震を想定しているのと比べ、大地震を想定している。
コメントは利用できません。

構造サポートシステムのお問い合わせはこちら

お問い合わせ / 構造サポートシステム

ロゴは「ちから強く」をテーマにしています。
色は「出藍の誉」から藍色を採用しました。
「青は藍よりいでし、藍より青し。」
これは弟子が師匠の技量を超えていくとのたとえで、
若輩の育成や社員育成を踏まえた経営をしていきたい。
この想いをこの藍色に込めています。

〒460-0008 名古屋市中区栄1丁目14-15 RSビル901号室  電話 052-212-8703 FAX 052-212-8704