計算ルート

読み けいさんるーと
解説 建築物の耐震設計の進め方には大きく分けて三つの方法がある。

・ルート1 比較的小規模な建築物の場合に適用できる方法で、鉄筋コンクリート構造では高さ20m以下、鉄骨構造では階数3以下、高さ13m以下などの建築物を対象とし、地震に対して各部材の強度で抵抗する方法。
・ルート2 高さ31m以下の建築物に適用する方法。
・ルート3 高さ31m以上、60m以下の建築物に適用。

コメントは利用できません。

構造サポートシステムのお問い合わせはこちら

お問い合わせ / 構造サポートシステム

ロゴは「ちから強く」をテーマにしています。
色は「出藍の誉」から藍色を採用しました。
「青は藍よりいでし、藍より青し。」
これは弟子が師匠の技量を超えていくとのたとえで、
若輩の育成や社員育成を踏まえた経営をしていきたい。
この想いをこの藍色に込めています。

〒460-0008 名古屋市中区栄1丁目14-15 RSビル901号室  電話 052-212-8703 FAX 052-212-8704