一次設計

読み いちじせっけい
解説 耐震基準における一次設計(損傷限界)では地震による加速度によって建築物の地上部分の各階に作用する地震力及び各階に生ずる層間変位を次に定めるところによって計算し、当該地震力が、損傷限界耐力(建築物の各階の構造耐力上主要な部分の断面に生ずる応力度が短期に生ずる力に対する許容応力度に達する場合の建築物の各階の水平力に対する耐力)を超えないことを確かめるとともに、層間変形角が200 分の1(地震力による構造耐力上主要な部分の変形によって建築物の部分に著しい損傷が生ずるおそれのない場合にあっては、120 分の1)を超えないことを確認する(施行令第82 条の6 の3)
コメントは利用できません。

構造サポートシステムのお問い合わせはこちら

お問い合わせ / 構造サポートシステム

ロゴは「ちから強く」をテーマにしています。
色は「出藍の誉」から藍色を採用しました。
「青は藍よりいでし、藍より青し。」
これは弟子が師匠の技量を超えていくとのたとえで、
若輩の育成や社員育成を踏まえた経営をしていきたい。
この想いをこの藍色に込めています。

〒460-0008 名古屋市中区栄1丁目14-15 RSビル901号室  電話 052-212-8703 FAX 052-212-8704