プロフィール

代表メッセージ


「構造設計はどこに頼んでも同じ」と思っていませんか。
設計事務所は各社、それぞれ得意な分野があり、鉄骨造のみ請け負うところ、工場に特化して設計するところ、耐震診断が得意なところ、などなど。実は、打ち合わせにはベテランの設計士が同席するが実際の設計は経験が浅いものが担当し、コスト高になる設計をしていることもあるのです。そして、依頼する構造設計事務所によっては、建設コストが何百万~何千万円と差が出ることがあります。
弊社が得意とするのは、VE提案、コストダウン提案です。ゼネコンで培った経験を活かして、安全で構造的に無駄なく、デザイン的な建物を提案いたします。難しい案件もまずはご相談ください。柔軟な対応力と幅広い経験、深い専門知識で最適な設計にご協力いたします。
創業理念は、「建築を通して社会に貢献する」を掲げております。これは、お施主様・ご依頼企業様に喜んで頂ける質の高い建築を提供すること、人材育成による構造設計業界の技術力底上げ、共に働くスタッフの豊かさや幸せに寄与すること、これらをつくり続ける企業でありたいという想いです。この創業理念のもと、皆様のよきパートナーとなれるよう弊社スタッフと共に邁進いたします。

代表取締役 関山 太一

1976年 8月21日 奈良県生まれ
名城大学大学院 建築学専攻 修士課程終了
一級建築士・構造設計一級建築士

名城大学で4年間建築学を学び、さらなる専門的知識を身に着けるため大学院へ進学。専門はシェル構造のFEM分析です。

2002年 大学院卒業後、某構造建築事務所に入所。

主に意匠設計事務所から構造設計部分のみを外部委託される会社で、建物用途は、
幅広く、民間関係のものを請け負っていたので、
駆け出しの私も色々なお仕事に関わらせていただきました。電算ソフトの使い方から、
まさに構造設計のいろはを体得しました。

2004年 全国展開の建築事務所  名古屋事務所に入所

意匠設計事務所、ゼネコンから建築設計の構造設計部分のみを外部委託される会社でしたので、 こちらも建物用途は、幅広く、病院、図書館、校舎などの公共施設からマンション、工場、商業ビルなどの構造設計を手がけておりました。
私は、新築の構造設計(S造、RC造、SRC造、よう壁など一般物件)から、耐震診断
(S造、RC造など)、仕事の幅は広く、専門的には深く、多くの知識と経験を積ませていただきました。

2007年、一級建築士取得。

2007年 ㈱ナカノフドー建設 名古屋支社に入社。

ここでは、ゼネコンの設計積算部に所属。主に構造に関わる部分の概算見積もり用の
資料を作成と実務設計、現場監理を担当しました。
建物用途は、老人ホーム、工場、倉庫などで、他に耐震改修も行いました。
多くの経験を得、構造躯体の概算設計や数量拾いなどコストに関わる部分の早い段階からの提案力を身に着けました。また、現場監理も行っていますので品質管理についての提案力というスキルも体得しました。

2008年コンクリート技士資格取得。

2011年 大阪支社に転勤

2012年、構造設計一級建築士取得。

様々な経験、様々なスキルを習得させていただき、2014年独立。
現職に至ります。

構造サポートシステムのお問い合わせはこちら

お問い合わせ / 構造サポートシステム

ロゴは「ちから強く」をテーマにしています。
色は「出藍の誉」から藍色を採用しました。
「青は藍よりいでし、藍より青し。」
これは弟子が師匠の技量を超えていくとのたとえで、
若輩の育成や社員育成を踏まえた経営をしていきたい。
この想いをこの藍色に込めています。

〒460-0008 名古屋市中区栄1丁目14-15 RSビル901号室  電話 052-212-8703 FAX 052-212-8704